初期費用について

格安SIMへ乗り換える場合の初期費用はいくらかかる?

MVNOに乗り換える際に気になるのが初期費用の事ですが、楽天モバイルにMNP移行した場合の初期費用はいくらかかるのでしょうか?

 

まず、楽天モバイル側で事務手数料として3,000円の手数料が必要になります。

 

格安SIMに移行する場合の事務手数料はほぼ全ての会社で3,000円となっており、MVNOの側でかかる最初の費用はこの契約事務手数料の3,000円と初月の月額料金になります。

 

しかし、楽天モバイルでは初月無料のサービス(キャンペーン?)を実施していますので、初期費用についてはこの3,000円のみの料金となっています。

 

他に、端末を新たに購入した場合や、有料オプションに入られた方はその料金が必要になります。

元のキャリアの側での料金は?

元のキャリアの側ではMNP予約番号発行手数料がかかります。

 

このMNP予約発行手数料はキャリアによって多少の差異はありますが、およそ2,000円の手数料が必要になります。

 

ですので、楽天モバイルにMNP移行するには、先ほどの楽天モバイルの契約事務手数料3,000円と、元キャリアのMNP予約番号発行手数料の2,000円程度の合計5,000円程度が必要になります。

 

忘れちゃいけない2年縛りの存在

通常の初期費用は先ほど紹介した約5,000円なのですが、大手キャリアからMNP移行する場合には2年縛りの存在を忘れてはいけません。

 

大手キャリアでスマホを購入使用した場合、2年契約の割引を前提とした料金プランが組まれているため、ほとんどの方が2年の縛りを受けていると思います。このサービスは2年間同キャリアでの使用を継続するという契約で、2年経たないうちに解約をするとおよそ10,000円の違約金が発生してしまいます。

 

このサービスの評判が良くないのは、2年契約が自動更新されてしまう事です。契約終了後の1ヶ月の間無料解約出来る期間が存在し、それから何事もなかった方のように再び2年契約が発生します。

 

ですので、他社に乗り換えようと思い立っても、よほど意識していないとこの2年縛りの影響を受けてしまい、乗り換え時に10,000円の違約金が必要になると思います。

 

ですので、ちょうど解除月が近いという方は楽天モバイルにMNP移行しても違約金は発生しませんが、ほとんどの方は先ほどの契約事務手数料3,000円 + MNP予約番号約2,000円 + 2年縛り違約金約10,000円の計15,000円程度が必要になると思っていたほうがいいですね。

初月の費用は日割り計算なの?

楽天モバイルは初月の基本料金やオプション料金の日割り計算を行っていません。

 

そのかわり初月の基本使用料無料というサービスを行っていますので、基本的にはいつ乗り換えても損という事はありません。

 

しかし、この無料期間も1ヶ月間ではなく、楽天モバイルのSIMが届いた月が無料となっているので注意が必要です。

格安SIMに乗り換えるタイミングはいつが最適?

では、一番お得に楽天モバイルに乗り換えるならいつがいいのでしょう?

 

2年縛りの問題に関しては、解除月が近い方はその月に、解除月までまだ期間があるという方はすぐに乗り換えるといいですね。基本的に格安SIMに乗り換えて、スマホを上手く使うと月額料金がグッと下がりますので、ある程度使用料金を見積もって見てどの時期に移行するのがいいか計算してみるといいでしょう。

 

楽天モバイルに乗り換えるなら月初めで決まり!

先ほど説明した通り、楽天モバイルには初月の日割り計算がありません。

 

初月無料のサービスはあるのですが、その恩恵をきっちり受けるには月の初めから楽天モバイルを使い始めるといいでしょう。

 

ネットで大手キャリアから楽天モバイルへMNPを行う場合、
月末に元のキャリアでMNP予約番号の発行手続きを行う

同じく月末に楽天モバイルと契約

次の月の初めにSIMを受取りMNP切り替え

 

という流れで契約すると料金的に一番お得です。

 

楽天モバイルではSIMの配送日を指定できますので、月の初めを指定するといいですね。なお、この際多少の時間的余裕をもって契約をするようにしましょう。

 

楽天モバイルへのMNP TOPへ