データを自動圧縮するブラウザ?

データ容量を自動で圧縮!格安SIMは高性能なブラウザを使おう

最近はスマホを使用する場合は、楽天モバイルなどの格安SIMでも大手キャリアでも月間のデータ用量を選択しなければいけません。

 

スマホ料金の節約は、このデータ容量をいかにして少なく契約出来るかにかかっています。Wi-Fiを駆使したり、端末を2台持ちしたりと色々工夫できますが、中でもおすすめなのがデータを自動圧縮してくれるブラウザを使うことです。

 

では、データを自動圧縮してくれるブラウザとはどのようなものなのでしょうか?詳しく紹介したいと思います。

 

データ容量の圧縮について

まず、そもそもデータ容量の圧縮って何?ということから説明したいと思います。

 

データの圧縮とは、元々のデータの中身を変えずに別のデータに変換することで、変換後に元のデータよりも少ないデータ容量のファイルを作る技術です。

 

PCなどでファイルをダウンロードした際に、解凍することがあると思いますが、それがファイルが圧縮されている状態なんですね。元のファイルよりも容量をかなり小さくする事も出来るので、大変便利な技術です。

 

このデータの圧縮を自動で行ってくれるブラウザを使うと、通信データ容量がグンと下がるので通信容量の削減が可能となります。

 

データ容量を圧縮できるブラウザについて

では、ここからはデータ容量を圧縮できるブラウザを紹介していきたいと思います。

 

そんなに便利な機能なら、何か変わったブラウザで、むつかしい操作をしないといけないんじゃないの?と考えてしまいますが、ここで紹介するブラウザはGoogle Chromeです。

 

Google Chromeでもデータ容量の圧縮が可能!?

Google Chromeについては、ほとんどの方が知っていると思います。iPhoneでは標準ブラウザはSafariですが、Android端末では標準ブラウザがこのChromeなんですね。ですので、Androidユーザーの方は、日常的に使用しているブラウザだと思います。

 

このChromeにはデータセーバー機能というものが搭載されていて、この機能を使うことでブラウザ上で自動でデータの圧縮を行います。

 

使い方もとても簡単で、設定画面でデータセーバーをオンにするだけ。

Android 搭載端末の場合
1.Chrome アプリ Chrome logo を開きます。
2.Chrome メニュー > [設定] をタップします。
3.[詳細設定] で [データセーバー] をタップします。
4.スイッチを [ON] にスライドします。この設定はいつでもオフに切り替えることができます。
引用:Chromeヘルプ

 

最新のChromeなら、最大50%のデータの削減が期待できます。スマホの通常の使用法では、圧縮することによる不具合はほとんどありません。

 

まれに画像が圧縮されすぎて文字がつぶれてしまったり、画像の配置が変わってしまったりしますので、その場合はデータセーバーを一度オフにしてみてください。

 

データセーバーは設定からオンにするだけで使えるとても優秀な機能です。データの削減・節約を考えている方は一度試してみてください。

 

もっと圧縮したいならOpera Mini

Chromeでも最大50%の圧縮が期待できますが、もっと節約したいという方はOpera miniを使ってみるといいでしょう。

 

Operaは昔からある程度有名なブラウザで、以前からPCなどでネットをしている人は知っているのではないでしょうか?

 

このOpera miniは、最大90%の通信データを削減することができると言われています。こちらも、圧縮率が高いので画像の乱れなどがでることがありますが、これだけ削減されるとかなり通信容量に余裕ができますね。

 

通信容量の削減に悩んでいる方は積極的に利用して欲しいブラウザです。

 

自動圧縮ブラウザについてのまとめ

楽天モバイルなどのMVNOを便利に使う場合の肝は、通信データ容量をいかに少なくするかだと思います。

 

そういった意味では、このChromeやOpera miniはとても便利で使い勝手が良いです。

 

興味のあるかたは、是非一度試してみてくださいね。

 

楽天モバイルへのMNP TOPへ