楽天モバイルへのMNP

楽天モバイルへのMNP方法を詳しく解説!

楽天SIM top

5分かけ放題オプションを追加して今大人気の楽天モバイル!

 

今まで通話料金がネックで格安SIMに移転出来なかった場合でも、複数回の短時間通話の多い方なら楽天モバイルを利用してスマホ料金を大幅に減らすことが出来ますね。

 

またこの他にも、

  • LINEなどを使っているので毎月ほとんど通常の通話はしない
  • 元々スマホであまりネットをしない
  • LINE・Skype・Wifi等を上手く使って通信量を減らしている
  • そろそろ子供にスマホを持たせる事を検討している

こういった方は大手キャリアでのスマホ運用は、料金的にかなり損をする事になります。

 

格安SIMに切り替えればほとんどの方は月々の料金を1,000円〜3,000円程度に抑える事は可能ですので、スマホの通信料を抑えたい方は楽天モバイル等の格安SIMへの移行を検討するといいですね。

 

公式サイトhttp://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルの特徴とサービス概要

楽天モバイルの特徴は?

楽天 ロゴ画像

 

楽天モバイルの最大の特徴は5分かけ放題オプションが選べることです。

 

格安SIMは通話料金が高いというのがネックだったのですが、これを解消できる斬新なサービスですね。5分かけ放題オプションは月額850円の追加料金がかかってしまいますが、何度も短い通話を行う必要がある方には最適なプランです。

 

他にも楽天市場でのポイントが2倍になる(通話SIMのみ)など、楽天市場を良く利用する方にはとてもお得なサービスです。また楽天モバイルはクレジットカードではなくデビットカードで契約出来ると明示している数少ないSIMです。何かの都合でクレジットカードが持てない方や・クレジットカードを使いたくない人にはおススメです。

楽天モバイルのサービス概要

楽天モバイルではDocomo回線を使用した通信サービスを提供しています。
そのため通信出来る範囲はDocomoと変わりありませんが、通信自体の安定性や速度については本家に比べるとさすがに少し劣ります。具体的には都心の駅等人で込み合っている所や、スマホ通信が集中する時間(会社の昼休み)などに繋がりにくくなったり、通信速度が落ちる事があります。

 

楽天モバイルのプランについて

楽天モバイルで提供しているSIMはデータSIM通話SIMの2種類で、通信速度が極端に遅いがデータ容量を無制限に使えるベーシックプランと、データ容量の上限は決まっているが高速通信を使える3.1GBプラン・5GBプラン・10GBプランがあります。

 

楽天モバイル プラン

 

ベーシックプランについては通信速度が200Kbpsと極端に遅いため、通常スマホで行う通信作業はほとんど出来ないと考えたほうがいいです。何らかの理由で、遅い速度でもいいからネットを繋ぎっぱなしにしたいなど明確な目的のある人用のプランですね。

容量プランの選び方

高速通信を行う事が出来る3.1GBプラン・5GBプラン・10GBプランは自身のひと月に使用するデータ容量を確認してから選びます。

 

あくまで目安ですが、あまり動画閲覧などはせずに一日に1-2時間サイト閲覧をするといった使い方の場合には、データ容量は3.1GBで十分足りると思います。現在は他社も含めて格安SIMでは3GBのプランが定番プランになっており一番人気が高いです。

 

3.1GBプランで申し込みをしてみて、途中で容量が足りない事に気づいても容量の変更手続きはWEB上で簡単に行う事が出来ますので、どれがいいか分からないといった方は3.1GBプランで様子を見るといいですね。

楽天モバイルの料金について

楽天モバイルの料金設定は普通です。他社と比較して、高くもなく特別安くもありません。
格安SIMの大手各社は料金の値下げ合戦も落ち着いて、料金体系についてはそれほど大きな違いは見られません。楽天モバイルの場合はベーシックプランが安いですが、利用する方は極一部の人に限られます。

楽天モバイルの通信速度

楽天SIM 通信速度

楽天モバイルでは2015年10月6日以前に申込した方と、それ以後に申込した方で使用方法や通信速度に違いがあります。

 

基本的には2015年10月6日以後に契約したほうがサービスの質や速度は上となっています。

 

今からMNP転入する方は2015年10月6日以後の規格になりますが、こちらの通信速度は現状では他社に比べて早いです。しかし、格安SIMは早い速度を目当てに加入者が増えると通信速度が下がり、通信速度の低下を懸念したMVNO(格安SIM事業者)がインフラを整え再び通信速度が上がるという事が繰り返されています。

 

ですので、速度に関しては当然これからも変化していくので、現状の速度だけを見てもあまり意味がないといった印象です。楽天モバイルの今後の通信速度の変化については、楽天モバイルは資本力が大きいので他の格安SIMの速度に比べて著しく劣るといった事態にはならないとは思います。

 

公式サイトhttp://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルのメリット・デメリット

では次に楽天モバイルにMNP移転をする際のメリット・デメリットを見てみましょう。

楽天モバイルのメリット

  • 5分かけ放題オプションがある
  • 何といってもこれにつきますね。5分かけ放題サービスは050IP電話等のように電話番号が変わる事もないのでとても便利です。また5分以上の通話にも便利な楽天電話も使用できます。

     

  • 楽天電話がとても優秀
  • 格安SIMは通話料が割高なため、通話料を安くするための通話アプリを使用する必要があります。ほとんどのMVNOで050で始まるIP電話アプリが付属していますが、このIP電話は通常の電話回線に比べてお世辞にも通話品質がいいとは言えません

     

    また、050で始まる番号が新たに割り振られるため、電話相手はこちらが誰かも分からないのもネックです。

     

    楽天電話はIP電話ではなく電話回線を使用しているため、途中で途切れたりする事がほとんどありません。また、現在お使いの電話番号をが相手にそのまま表示されるため、相手方がこちらを認識できないので電話をとってもらえないといった事も防ぐ事が出来ます。

楽天モバイルのデメリット

  • MNP切り替えの時に2-3日の不通期間が存在する。
  • 最近では手元に格安SIMが届いてから切り替えを申請し、不通期間が1時間程度しかないといった会社も増えていますのでこの点に関しては不便ですね。契約時の1度だけの事と割り切る必要があります。

     

    (2016/5/9より自身で開通手続きを行う事が出来るようになり、不通期間がなくなりました)

     

    ⇒楽天モバイルの不通期間について

     

  • 高速通信OFFでもデータ容量が減っていく。
  • 大手のMVNO(格安SIM事業者)ではデータ容量の消費を抑えるため、高速通信のON/OFFを設定できるアプリを提供しています。当然楽天モバイルもこのサービスを提供していますが、このサービスを使用した時に、高速通信をOFFにした場合は通信量をカウントせずデータ容量が減らないのが今の主流ですが、楽天モバイルの場合は低速通信時でもデータ容量が減っていきます。
    低速通信時の使用データ容量はそれほど多くはありませんが、この点に関しては他のSIMより遅れていると思います。

楽天モバイルへMNP切り替え前にやっておくこと

格安SIMへMNP切り替えを行う前に準備しておいたほうがいい事がいくつかありますので、紹介しておきます。

  • 電話番号・メールアドレスの保存
  • Eメールアドレス変更の連絡
  • LINE・Facebookなどの引き継ぎ準備
  • スマホゲームやアプリの引き継ぎ準備

これらは事前に準備しておくとそれほど手間はかかりませんが、楽天モバイルにMNP切り替えを行った後はどうすることも出来ないものも存在するのでしっかり準備しておくようにしましょう。

 

楽天SIM メール

Eメールについては格安SIMに移転すると大手キャリアで使用していたもの(@docomo.ne.jp等)が使えなくなるので、あらかじめ友人や知り合いにアドレスが変更になる事を伝えておきましょう。

 

また楽天モバイルでは無料で@rakuten.jpのメールアドレスを使う事が出来ますが、後にまたキャリアを変更する事も考えられるのでGmail等のフリーメールを利用している方が多いです。

WEB上での楽天モバイルへのMNP切り替え方法

楽天SIM last

WEBからの楽天モバイルへのMNP切り替え方法を簡単に説明します。

 

楽天モバイルへMNPを行うには、本人名義のクレジットカード(デビットカード)・本人確認書類・MNP予約番号の3点が必要になります。

 

  • 本人名義のクレジットカード(デビットカード)
  • クレジットカードに関しては本人名義のものに限られます。また楽天モバイルでは「楽天デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のどちらかを使用する事も出来ます。楽天会員の方は、会員情報にクレジットカード情報が登録してある場合はそれを使い、情報登録の手間を省く事が出来ます。

     

  • 本人確認書類
  • 本人確認書類で必要になるのは運転免許証・保険証・パスポートなどです。本人確認書類と現在の住所が相違している場合には公共料金の領収書や住民票が必要になります。

     

  • MNP予約番号
  • MNP予約番号は現在のキャリア(Docomo・au・softbank)に連絡をして発行してもらいます。このMNP予約番号には15日間の使用期限がありますので、MNP予約番号の発行手続きが終わったらすぐに手続きに移る必要がありますので注意してください。

これら3点の準備が出来たら申し込みを行いましょう。

 

申し込み〜MNP切り替えの流れは、

 

WEBからの申し込み

本人確認書類のアップロード

SIMカードの受取

SIMカードを差し替えて初期設定

 

という流れになります。

楽天モバイルについてのまとめ

楽天 チャット画面

楽天モバイルは格安SIMの弱点だった割高な通話料金がかなり解消されたサービスです。格安SIMでも多くの通話をしたい場合は楽天モバイルが一番おトクになると思います。

 

また、楽天モバイルの公式ページではチャットで質問を行う事が出来るので、分からない事は何でも聞いてみるといいでしょう。
簡単な事でもとても親切に教えて頂けますよ。

 

公式サイトhttp://mobile.rakuten.co.jp/

 

各種Q&Aも充実しており、キャンペーン情報もチェックする事ができるので気になる方は一度覗いてみるといいですね。

 

他にも、楽天モバイルでは頻繁にキャンペーンを行っているので、楽天モバイルへのMNP転入を検討している方はたまにチェックしておくとお得なキャンペーンを利用できるかもしれませんね。

 

楽天モバイル イメージ